お知らせ

2017/07/20

[ News ] Inspire2 専用 有線給電システム「NTP PowerLine System」取扱い開始!


もっと長時間のフライトをバッテリーを交換せずに実現したい! 
そんなご要望に向け、US NTP社の開発した、DJI Inspire 専用の有線式給電システム「NTP PowerLine System」の取扱いを開始致しました。 世界の汎用ドローンの最高峰と言われるDJI Inspireシリーズ「Inspire 2」に対応しています。

「PowerLine グランドユニット」と「Inspire2」を繋ぐのは、最軽量の給電ケーブル。強度の高い「ケブラー」を使い、強度と安全性、そして安定した長時間飛行を可能にしています。
安全にも十分に配慮が施されていて、1本のバッテリーは純正のバッテリーを挿し、もう片側にオンボードコンバーターを内蔵した「給電ユニット」をインストールします。
万一給電が停まった場合でも、純正のバッテリーで電源を供給し、地上へ安全に戻る事が可能です。

ライブニュースやスポーツ中継、フィールドでの簡易クレーンとして活用、空中へからのライブ配信、また、ラグビーやサッカーなどの試合を空中から長時間定点撮影が可能です。 バッテリーといった時間の制約を外すことで、その用途は一段と拡がります。

また、オプション設定となりますが、「DJI ビジョンセンサー」に対応させた専用ユニットをエアロファクトリーが独自に開発。
このユニットシステムに交換することで、有線給電システムを使用する際にカットされていた「下方へのビジョンポジションの使用」が復活します。

このユニットの追加によるビジョンポジションを有効に活用することで「Inspire2」のコントロール性能と安定性が一段と増し、安全に運用する事が可能となります。

「Wired」された「Inspire 2」が「ビジョンポジション」を得る事で、通常通りの動作やコントロール性能に復活します。既に「NTP PowerLine」を導入さているユーザー様も一度ご相談下さい。

ご覧になりたい企業や団体さまに向けた「デモフライト」のご用意や、給電システムを使った長時間の「撮影依頼」も承ります。

詳しくは、弊社までお問い合わせ下さい。
sales(a)av-factory.co.jp  *(a)を@に置き換えてください。
サブジェクトは「NTP PowerLine有線給電システム」と記載してください。

お問い合わせ:03-3490-4010

717view

次へ リストを見る